<td id="m02em"><rt id="m02em"></rt></td>
  • <sup id="m02em"></sup>
    <sup id="m02em"><button id="m02em"></button></sup>
  • ?

    協立化學産業株式會社

    • 製品
    • 実績紹介
    • 技術情報
    • 協立化學産業について
    • お問い合わせ

    耐黃変(透明)技術

    耐光試験を経ても変色(黃変)せず、高透明を維持する技術

    動畫內容

    • 2枚のガラスを高透明化でありながらも、環境試験を経ても黃変を防ぐ技術の採用有無別に狀態を比較します。
    • 今回の環境試験條件は65℃/50% 50W 300~400nm x500Hrになります。

    技術適用事例:

    透明性を求められる接合は多くの部位で用いられます。その中でも、外観部位に求められる透明性において、外部環境にされされるデバイス、例えば、スマートフォンやタブレットPCといったモバイル機器においては、厳しい環境試験にもクリアしなければなりません。當技術は光學機能性充填剤として製品化。多くのお客様にご利用いただいております。





    詳しくは、お問い合わせ?ご相談ください。お問い合わせ

    関連リンク

    技術適用製品

    用途別事例

    日本无码熟妇人妻AV在线